VISA * 
イギリス学生ビザ- Tier4について
 
@ 申請準備をはじめる
A 申請用紙に必要事項を記入し、 ビザ申請センターに提出する必要書類を揃える 
ビザ申請書類の翻訳に関する注意点
B ビザ申請センターに書類を提出する
C 査証審査にかかる時間について

D 申請用紙ダウンロード
E 学生ビザ記入サンプル、ビザサービス

日本からのイギリス学生ビザ申請

6ヶ月未満滞在の学生

6ヶ月未満のイギリス国内滞在する方は、Tier4(学生)、または学生ビジターでイギリスに入国することが可能です。

日本国籍者(Non Visa National)は、2つのオプションが選択できますのでよくご確認下さい

・カテゴリー
Short Term Student 6Months or Less (6ヶ月以内の短期留学生)

 

 オプション1

学生ビジター(Student Visitor)

事前にイギリスビザ申請センターでビザを取得しない で入国が可能



イギリスの空港の入国審査にて渡航目的が
学校へ通うことを申告し、
関連書類を見せて証明をする。



学校へ通う目的の
最大6ヶ月滞在可能の「学生ビジター」として入国、滞在する。




滞在中の就労は許可されません
期間満了時はイギリス国内でのビザ延長が出来ません

 

オプション2.

学生ビザ(Tier4 General)

事前にイギリスビザ申請センターで学生ビザを申請する 必要あり



学生ビザ(Tier4)を取得した状態で、渡英。



滞在期間中の就労は
大学・政府からの資金援助がある学校の場合は、週10時間か20時間。
私立の学校に通う場合は、就労不可です。



渡英後は、学生として滞在が可能です。
イギリス国内での滞在のビザ延長が可能です。

 


6ヶ月以上滞在の 語学学校に通う生徒のみを対象とした学生ビジタービザ

語学学校で英語を勉強する生徒のみを対象とした6ヶ月から最大11ヶ月の学生ビジタービザ制度です。

長期学生ビジタービザ (Extended Student Visitor Visa)

●6ヶ月から11ヶ月の英語を勉強する生徒のみを対象としたビザ。ビザの最長期間は11ヶ月。
●語学のコースが、6ヶ月以上である事を証明する。
●コースの期間中、仕事をしなくても生活ができる、という資金の証明が必要。


●このビザタイプは、イギリスの空港の入国審査で取得ができません
必ず事前にイギリスビザ申請センターに申請をし、ビザを取得した状態で入国する必要があります。

●コースの期間中、就労は許可されません
●ビザ満了時は、イギリス国内でのビザの延長はできません。

 

その他注意事項

●コースタイプについて

このビザは、コース期間中100%英語を勉強する方にのみ適用されます。
※英語プラスのコース(例:英語+アート等)のコースには適用されませんのでご注意下さい。

●英語コースのレベルについて

このビザを取得する方は、英語レベルに関係なく申請が可能です。

●期間中のコース変更・学校変更について

英語を100%学ぶコースで、イギリスHome Officeの規定に満たしている学校であれば、期間中コース・及び学校の変更が可能です。
※英語コース以外への変更はできませんのでご注意下さい。

●コース終了後の他のコースへの移行は許可されておりません。

●イギリス国内からの申請はできません。

 

  6ヶ月以上滞在の場合のイギリス学生ビザ(Tier4) 

イギリス国内で延長が可能なタイプの学生ビザです。

英国に6 ヶ月以上滞在する予定している場合で、上記の長期学生ビジタービザにあてはまらない方は、渡航する前にエントリークリアランス(入国許可証)を取得する必要があります。
滞在期間が
6 ヶ月以下の人たちも、条件を満たしていればTier4をとることを選ぶことができます。

エントリークリアランス とは、ビザの一般的な正式名称で、パスポート上に貼付されます。

これらの規定は新しい
EU 入国規定に起因しています。不正手段を排除して、正規の目的で EU 各国を 訪れる人たちに手間を取らせないようにするためのものです。
 この手続きによって、英国を訪れる人々は英国への入国を前もってより確実なものにし、到着時に入国審査に要する時間を短縮する事ができます。

イギリス学生ビザ Tier4                     


●イギリスビザ最新情報−  イギリスビザニュース
イギリス政府が発表するTier4、イギリス学生ビザに関するニュース、入国に関連するニュースなどを、アップデートしています。

Tier4を申請するためのガイダンス (英文)
こちらからご覧いただけます

イギリスの学生ビザは、Tier4という名称に なり、オーストラリアのポイントベースシステムに習いポイント計算方式になります。

イギリス学生ビザ取得に必要な主なポイント
合計で40点に到達していなければ、ビザの取得ができません。

Tier4(学生)ビザの取得をご希望の方は、英語がCFERレベルのB1レベル以上に達している必要があります。
B1レベル以上の証明として、IELTSで4.0TOEICで550、またはそれ相当の英語の試験結果提出が必要です。
これは、過去2年以内の試験結果である必要があります。
このレベルに達していない方は、自動的に学生ビジタービザでの留学となりますのでご注意下さい。
 

必要ポイント合計 30点 + 10

30ポイント − 学校
  イギリスのビザ管理局(ホームオフィス)よりHighly Trustedライセンス取得済みの教育法人で、週15時間以上のフルタイムコースで勉強すること。
  **I-ONEよりご紹介する全ての学校は条件をクリアしています。**

10ポイント - 資金力
  財政力:留学費用、滞在費を十分にカバーできているか。
 
滞在期間 滞在都市 証明が必要な財政力
9 ヶ月未満  London コース料金 + £1,000 /月 の滞在費用
9 ヶ月未満  London郊外 コース料金 + £800 /月 の滞在費用
9ヶ月以上  London 1年目の 料金 + £9,000 の滞在費用
9ヶ月以上 London郊外 1年目の 料金+ £ 7,200 の滞在費用

参考ウェブサイト

Tier4 (イギリスの学生ビザ)について
-UKBA Home Office- イギリス移民局 公式ウェブサイト
Tier4 General(18歳以上16-17歳含む場合あり) Tier4 Child(18歳未満)
http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/visas-immigration/studying/adult-students/

UKビザ申請センター(日本)
http://www.vfs-uk-jp.com/japanese/vfsglobalintroduction.html

専門家による取得代理人サービス 


 学生ビザ・Tier4、申請の流れ 

@申請準備をはじめる

エントリークリアランス(ビザ)を申請される方(イギリスに6ヶ月以上滞在 の方は必須)はビザ申請に必要な書類がお手元に届くまでに申請用紙を準備をしておいてください。

 

A申請用紙に必要事項を記入し、提出する必要書類を揃える。

申請に必要なもの

●パスポート(旧パスポートも要)

●申請用紙

●証明用の写真2枚(パスポートサイズが適当)
 

CAS −(Tier4のビザがとれると認証されている教育機関からのCAS番号)

学校からビザレターを発行する代わりとなる、CASと呼ばれる番号が発行されます。

●査証料金 

*上記は基本的に全ての方に適応する必要書類です。個人の状況により、必要提出書類がこの他に加わりますので、自分に何が必要かきちんと把握しておくことをおすすめします。

●その他、個人にあてはまる、証明が必要な書類

*同封書類は必ず全ページのコピーをつけて提出する必要があります。

 

下記は、日本国籍者は、申請時に提出の必要がない場合がありますが、条件を満たしておいて、要請があった時に提出ができるようにしておく必要があります。

▲英語力を示す証明書 (学校に提出したものと同様のもの)

滞在費用証明

 必要な資金を、自身名義の口座に最低28日間キープしている、という証明が必要です。
 28日間の最後の日付は、申請日より遡って1ヶ月以内のものでなければいけません。
  
 
Tier4 Generalの学生でも、両親、もしくはガーディアンの名前のものも、資金証明として提出することが可能となりました。

 

 
 

日本で提出されたビザ申請は、フィリピンの在マニラ英国大使館に設置されている専用センター内の専門チームにより審査されます。変更された内容に伴い、書類の翻訳も変更となりました。

提出書類は、全て英文のものに限ります。銀行の通帳を含む日本語の書類は、翻訳専門機関等より、翻訳証明を取得の上、翻訳を一緒に提出してください。翻訳のない書類は受付されませんのでご注意下さい。

ビザの申請で日本語の書類を提出する方は、書類の翻訳、及び翻訳証明書の発行、手続きにかかる時間を十分に考えてスケジュールをたてて下さい。
提出後の審査にかかる期間は、今までと変わりなく、複雑でない場合は1週間程度でビザがおります。

法律翻訳サービス (有料)

UKビザ申請書類に必要な日英翻訳、翻訳証明書サービスも行っております。
(戸籍謄本、結婚証明、預金通帳、給与明細、推薦状、成績証明書など)
代理申請とご一緒にご希望の場合はお申し出下さい。
また、翻訳、翻訳証明書発行のみのサービスも承っております。

詳しくは、担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。

I-ONE翻訳サービスについて

 

B申請を行う

申請方法及び生態認証システム
全てのビザ申請は、東京と大阪にある、英国ビザ申請センターVFS Services Japan LLC.で行われています。

英国大使館が公認した、申請処理を代行する公認センターです。申請者は、必ずこのセンターを通して申請を行い、また必ず本人出頭して指紋採取及びデジタル
撮影を行わなければいけません。申請提出には、事前予約が必要です。

査証申請をする5歳以上の全ての方は、生体認証情報の収集が必要です。
英国大使館は個人情報の保護や英国への入国の円滑化、査証の不正防止、亡命組織などによる悪用防止のために生体認証情報を身元確認の方法として導入します。

例外を除き、申請者は国籍に関係なく、ビザ申請センターまでお越しいただき、指紋のデジタル採取と顔写真のデジタル撮影を行うことが義務付けられます。
受付時間帯と、祝日をよくチェックして、少なくとも渡英日の3週間前までには準備を整えて申請に臨むことをお薦めします。
 

ビザ申請センターについて

@英国に入国するビザを申請する方々は全て、東京の駐日英国大使館ではなく、東京、あるいは、大阪のビザ申請センターを通して申請することになります。
A国籍にかかわらず、ビザの申請者は必ずビザ申請センターに本人が出頭し申請することが義務づけられます。同センターでは、フィンガースキャン(指紋採取)とデジタル写真の撮影が行われます。
Bビザ申請センターにて、ビザ申請書類、及び必要書類を提出するには予約が必要となります。www.vfs-uk-jp.com のページから、オンラインで予約をすることが可能です。予約をしないで出頭すると、申請を受理してもらえない事がありますのでご注意下さい。

ビザ申請センター(VFS Global)は東京と大阪に設置されています。

 東京
 東京都港区東新橋2−3−14
 Edificio Tokyoビルディング4F

 大阪
 大阪市中央区南船場2−4−1
 Miki ビルディング6F


連絡先や受付時間等の詳細は、ビザ申請センターのウェブサイト(www.vfs-uk-jp.com)をご覧下さい。

参考資料

・ビザ申請センターは、UKVisaに代わり、VFSグローバルが運営するもので、ビザ申請サービスを提供します。同センターの職員は、申請を受付け、申請書を審査のために英国大使館に送ります。VFSグローバル、あるいは、ビザ申請センターの個々の職員が申請の結果に関与することは一切ありません。

・英国政府は、生体情報に基づく世界的な身元確認手続きの一環として、生体情報収集(フィンガースキャン(指紋採取)及びデジタル写真)システムを導入しています。これは、個人の身元を保護し、将来の英国への入国を容易にすると同時に、ビザに関する不正手段や、英国の入国管理及び庇護制度の濫用を防ぐためのものです。

・事前の入国審査を必要としない英国への渡航者は、入国に際し生体情報を提供する必要はありません。

・英国内の生体情報の収集は外国人に限定されていません。2009年以降、初めて成人として旅券を申請する際、あるいは、既存の旅券を更新する際、英国人全員に対し、生体情報(10指のフィンガースキャン(指紋採取)とデジタル写真)の提供が義務づけられます。

・詳細については、駐日英国大使館(代表: 03-5211-1100 )にお問い合わせください。
 

C 査証審査にかかる時間について

通常審査に問題なければ、申請受理から1週間〜2週間の開館日以内に審査終了します。
審査の途中、さらに面接や追加書類が必要と判断された場合は、次回の面接日時の設定や、書類の審査にかかる時間に左右されるので、
上記の審査期間よりも時間を要する場合があります。従って、申請者は少なくとも出発日の3週間前までにはビザの申請を行って下さい。
また、ビザが確実となる前に航空券を購入しないことを強くお勧め致します。


 

D ビザサービスについて
 

イギリスの学生ビザ・Tier4の申請方法とそのルールは、頻繁に変更を重ね、申請用紙と提出書類を準備するに当たり より複雑になってきています。
イギリスビザに関する専門の知識を持つ公認アドバイザーのアドバイス、及び申請代理サービスをお使いになる事で、確実でスムースなビザ取得へとつながります。
I-ONEは、イギリスの移民局が認可するOISC(Office of Immigration Services Commissioner)アドバイザーの資格を有しており、
学生ビザの申請に際して、以下のサービス
をご用意しております。

申請用紙、そのガイダンス、申請センターのページなどをよくお調べの上、ご自身で学生ビザの申請に不安がある方は、是非ご利用をご検討下さい。

E入国について

 
イギリスに入国する際に空港で指紋採取を行うようになりました。
入国前に採取したものと同人物であるかチェックをするためです。
http://www.ind.homeoffice.gov.uk/sitecontent/newsarticles/2009/november/introducing-fingerprint-checks

 


◆専門家によるUKビザ取得サービス◆

確実なビザ取得にむけて、 申請用紙代筆/必要書類の細かいチェック/その他ご質問のサービスが受けられます。
ビザ申請書類を提出する際は、ビザ専門家(OISCアドバイザー)からの添え状を発行いたしますので、
(代筆と書類チェックを行ったという旨を記載されたもの)を一緒に提出いただけます。

お申し込みの前に、担当カウンセラーへ料金をお確かめ下さい。
サービスご希望の方へはイギリス入国に際しての簡単な質問をさせていただきます。

*書類は専門家より代理申請という形となりますが、申請センターへ出向く際は、指紋採取とデジタル写真撮影のためご本人様が出頭する必要がありますので、ご了承下さい。

 

法律翻訳サービス (有料)

UKビザ申請書類に必要な日英翻訳、翻訳証明書サービスも行っております。
(戸籍謄本、結婚証明、預金通帳、給与明細、推薦状、成績証明書など)
代理申請とご一緒にご希望の場合はお申し出下さい。
また、翻訳、翻訳証明書発行のみのサービスも承っております。

詳しくは、担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。

I-ONE翻訳サービスについて
 

☆I-ONEは、The Office of Immigration Service Commissioner(OISC)として認定された、イギリスの移民局問題の専門家としての資格を有しています。
Tier4(学生)/Tier5(ワーキングホリデー)/Tier1(旧HSMPIGS等)/Tier2(労働許可)/婚姻/Unmarried Partner/会社設立/永住権/市民権 など。全てのUKビザのコンサルテーションと代理人申請サービスを親切価格でお手伝いしております。
ビザ申請に必要な、英翻訳・翻訳証明サービスも同時に行っております。
安心で確実なサポートを高い実績でご提供。

 

 
             
free counseling
お申し込み
help
support
process
visa
すでにイギリス留学をしている人へ
exchange
FAQ
Blog
法人様専用ページ
会社概要 お問い合わせ ご利用規約 サイトマップ English
Part Lower Ground Floor, 4 Dyers Buildings, London EC1N 2JT Tel : 020 7430 2909 Fax: 020 7904 5896  Email:webmaster@i-one.org
Copyright 2012 I-ONE Education Centre All Rights Reserved