awsの運用監視サービスの種類と特徴

パソコン15

awsの運用監視サービスを利用すると社内でカバーできない場合にも速やかにawsを運用できる体制を整えることができます。しかし、選んだ運用監視サービスの種類によってどの程度まで外部機関に任せられるかが異なるので注意が必要です。

この記事ではawsの運用監視サービスの主な種類と特徴について解説するので参考にしてください。

awsの運用監視サービスとは

パソコン24

awsの運用監視サービスはアマゾンウェブサービスを利用する上で必要になるサーバーの運用に関する代行やサポートのサービスを指します。awsはクラウドサーバーの提供サービスの一種で、アマゾンから割り当てられた領域の運用については全てユーザー側が責任を負う仕組みになっています。

そのため、割り当てられた領域にインスタンスを作成し、自由にプラットフォームを用意して利用できるメリットがある反面、運用負担が大きいのが問題点です。

自社サーバーを運用してきた場合にも、クラウドサーバーとは設計が異なるのでエンジニアは新たに運用の仕方を学ばなければなりません。基礎的な知識や技術は転用できますが、効率よく対応するためにはawsに特化したノウハウが求められます。

awsの運用監視サービスはプロとして最適な方法でawsを利用できるように運用するサービスになっています。企業によって必要とされるサービス内容に違いがあるため、複数のプランを用意して対応している業者も少なくありません。

また、1つに絞り込んでサービスを提供し、充実した内容の対応にしたり、利用料金を最小限に下げたりしているケースもあります。受けられるサービスも個々に異なっていることから、ニーズに合ったサービスを厳選して契約することが重要です。

ただ、大まかには運用監視サービスは四種類に分けることが可能です。

awsの運用監視サービスの種類

awsの運用監視サービスはフルサポートの運用サービス、有人監視サービス、無人監視サービス、コンサルティングサービスの四種類に分類可能です。それぞれの特徴とメリット、デメリットについて確認していきましょう。

フルサポートの運用サービス

フルサポートのawsの運用サービスはaws上のインスタンスの準備やプラットフォームの構築などから始めて、現場の状況にフレキシブルに対応する運用の総合サービスです。基本的に現場ではawsのサーバーやリソースに触れる必要がなく、業者に依頼して適切なソフトウェアやグループウェアなどをプラットフォーム上に構築してもらって利用できる仕組みになっています。

サポート範囲は調整できる業者も多く、プラットフォームの構築まで依頼してソフトウェアなどは自社で用意することもできます。サーバー構築は自社で実施し、その後の運用や監視だけトータルで見てもらうことも可能です。

フルサポートの運用サービスは社内エンジニアがいなくてもawsを効率的に利用できるのがメリットです。プロとしてのノウハウを持っている業者が対応してくれるため、いつも快適にawsを利用できます。また、コスト削減のための方策を練ってくれるなど、awsの費用対効果を上げるためのサポートもしてもらえる場合もあります。

ただ、トータルでサポートを受けると料金は高くなってしまうのがデメリットです。特にインスタンスやプラットフォームの構築にかかる初期費用が高いことが多く、構築の依頼をするのを前提としてフルサポートをしている業者も少なくありません。

費用面が潤沢にないと利用しづらいサービスでしょう。

有人監視サービス

有人監視サービスはawsの運用に必要なサーバー監視の部分をエンジニアが担当してくれるサービスです。

awsで割り当てられた領域を効率的に使えるようにしつつ、障害発生を防ぐためには監視が欠かせません。有人監視サービスはエンジニアが常にサーバー監視をしてくれて、障害発生リスクがあったときやトラフィックに異常がありそうなときには速やかに対処してくれます。

監視するだけで対応は自社で行う形の契約も可能で、問題がありそうなときにはアラートを出してもらうだけになります。この方が料金が安くて済みますが、アラートを受けたときに社内で対応できる体制を整えることが必要です。

有人監視サービスはawsの利用状況に応じた柔軟な対応をしてくれるのが魅力です。社内でどれだけ対応できるかに応じて、業者に障害対策をしてもらうか、アラートを受けるだけにするかを決められるのもメリットでしょう。

ただ、人件費がかさむので料金は決して安くはないのがデメリットです。

無人監視サービス

無人監視サービスは自動監視サービスとも呼ばれていて、プログラムによってawsの監視を実施するのが特徴です。リソースの不足やトラフィックの集中などのトラブルはメトリクスを常時取得していれば発生を自動感知できます。

その情報に基づいて自動的に改善を試みたり、アラートを出してもらったりすることができるのが特徴です。無人監視サービスは人件費がかからないので安くて済むのがメリットです。ただし、プログラムされた内容しか対応できないことから、予想外の障害が発生するリスクが常にあります。

ルーチンでしかawsを使用せず、社外の人が利用することもないような場合には無人監視サービスで十分でしょう。しかし、社外サービスを提供するのにawsを使うような場合には別途有人監視をすることも検討した方が無難です。

コンサルティングサービス

コンサルティングサービスはawsの運用や監視のために実際に業者が手を動かすことはありませんが、運用の仕方や監視の方法などの提案をしてくれるサービスです。社内の人材では知識や技術が不足していたり、効率化ができなかったりするときにコンサルティングサービスがよく利用されています。

比較的安い費用で長期的にawsの運用方法を改善していくことが可能で、社員の技術教育なども任せられます。しかし、運用や監視は社内の人材に実施してもらわなければならないため、社内エンジニアがawsの運用や監視を担当する予定のときにしか活用しづらいでしょう。

(awsの運用にかかる費用を抑えるコツ)

最適な運用監視サービスを選ぼう

awsの運用監視サービスにはフルサポートのものだけでなく、監視に特化した有人監視サービスと無人監視サービスがあります。社内対応ができる現場向きのコンサルティングサービスも利用可能です。どのサービスを選んでもメリットもデメリットもあります。

現場に応じて最適な方法は異なるので、現場の状況を確認してどれが良いかを検討しましょう。